モバイル用カート モバイル用検索

Dr.ノンの研究所高齢者×ヨーグルト‐Dr. Non's laboratory‐

高齢でも健康な体でいられるよう、食生活を見直しましょう 高齢でも健康な体でいられるよう、食生活を見直しましょう
How to live a healthy and fulfilling life

健康で充実した
生活を過ごすには

日本は、男性・女性の平均寿命はそれぞれ80.75歳・86.99歳(2015年厚生労働省)で、
世界でも男性は6位、女性1位(2016年世界保健機関)であり、長寿国です。
65歳以上が人口に占める割合は27.3%(2016年総務省統計局)を占めています。
さらに国立社会保障・人口問題研究所によれば、
2040年(2013年3月推計)には65歳以上の人の割合が36.1%になると推定されています。
推定されています。年齢を重ねても自立した生活を過ごすには、
自分が食べる毎日の食事の栄養などについて自分で考えて食材を選び、料理をして、摂取することが重要です。
そのためにも、年齢とともに身体がどのように変化していくかを知り、
それを補うためにはどのような食生活を過ごしたらいいのか、考えてください。

高齢期

健康寿命(2010)

平均寿命が延びることが、豊かな生活に繋がるのではなく、健康寿命が延びることが目標です。健康寿命とは、平均寿命から病気や事故などで健康を損ねた年月を差し引いたもので、認知症や寝たきりにならない状態で自立して生活できる期間を意味します。健康で自立して生活できる健康寿命が延びることが目標です。
現在の健康寿命は男性70.42歳、女性73.62歳(2010年厚生労働省)であり、平均寿命との間に10歳から13歳の差があります。

そこで、長く自立した生活ができる人生を目標とした食事について紹介します。

虫眼鏡

年をとるにつれて体はどのような変化が
生じてくるでしょうか?

  • 細胞数の減少
  • 骨格筋が減少することで、たんぱく質代謝が低下
  • 臓器の重量が減少し、生理機能が低下
  • 血清総コレステロール値の増加
  • 唾液の分泌の低下
  • 脱水症状を起こしやすい

それではこれらのことを予防するための食生活はどうしたらいいでしょうか?

Take advantage of the yogurt for each life stage

ライフステージごとの
ヨーグルトの活用

研究所のTOPに戻る
  • 栄養×ヨーグルト
  • 妊娠期×ヨーグルト
  • 離乳食×ヨーグルト
  • 成長期×ヨーグルト
  • 中壮年期×ヨーグルト
  • 高齢者×ヨーグルト
  • スポーツ×ヨーグルト
  • ストレス×ヨーグルト
TANICA infomation

タニカ電器
お役立ちコンテンツ

  • ヨーグルトメーカーのパイオニア タニカ電器株式会社
  • ヨーグルトや発酵食の情報を発信! タニカブログ
  • 発酵食試作データベース
  • 発酵食専門サイト KAMOSICO(カモシコ)
  • 甘酒特設ページ
  • ビストロタニカ
ヨーグルトメーカーのパイオニア タニカ電器株式会社 発酵食専門サイト KAMOSICO(カモシコ) ヨーグルトや発酵食の情報を発信! タニカブログ 発酵食試作データベース 甘酒特設ページ ビストロタニカ